記事一覧

小説『終わった人』を読んだ!

内館牧子さんの小説、『終わった人』を読了…

IMG_3471.jpg 

大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられそのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。妻は夫との旅行などに乗り気ではない。「まだ俺は成仏していない。どんな仕事でもいいから働きたい」と職探しをするが、取り立てて特技もない定年後の男に職などそうない。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す―。

私は定年にはまだ時間がありますが、やはりサラリーマン的には50も過ぎると先が見えてくるもの…
「終わった人」とまでは言えないけれど、「終わりつつある人」であることは間違いなく、そろそろ次の人生に向けて色々と考え始める時期に来ています。
この主人公とはかなり立場が違うとは言え、近い将来を想像しながら読むと、なかなか考えさせられる小説でありました。

私自身は、仕事が特に好きなわけでもなく、こだわりもないので、経済的に問題なければ、今すぐにでもリタイアしてもいいと思っていますが、そうもいかないのが現実…
その意味では、この主人公のように、まだまだ仕事がしたいんだ~、みたいな思いは皆無なのですが、それでもどこにも属さないツラさ、みたいなものはあるのかもしれないですねぇ…

後半はかなりドラマティックで、あまりリアリティは感じないけれど、妻との関係やちょっとした恋愛沙汰あたりもドキっとすることもあって、色々と考えながらも楽しんで一気読みしました~

そして、ラスト。
これがハッピーエンドと言えるのか、かなりビミョーではありますが、ありきたりの自分発見的な終わり方でなくてよかったと思いますね。
人間、やはり分相応が大事だし、うまく枯れていくのも必要なんだなぁと…

舘ひろし主演で映画化されてますので、6月の公開が楽しみです。

eigaka_02.jpg 

ちなみに、現在、奥さまが本作読書中。
感想が楽しみなような、怖いような…

※ブログランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。

「終わった人」ですかぁ。

ワタシも定年退職にはまだだいぶ時間がありますが、
サラリーマン的には終わりつつある人なので、
こういうテーマはちょっと気になります。

文庫本のようなので、ワタシも読んでみようかな?

仕事をもっとしたいか?と言われると何とも微妙です。

今の仕事はストレスは無いもののあまり面白くなくて、
物足りない気もするのですが、その前までやってた
仕事がそれなりにしんどかったので…

なかなかちょうどよいお仕事というのは無いようです。

>kenbooさん

おはようございます!

境遇的には似ているようですねぇ
私も今の職場は、ストレスもあまりなく、居心地も悪くないです。
でも、リーマンとしてそれが良いのかと問われれば、やはり微妙…
今まではただ仕事を清々とやっていればよかったのだけれど、これからは、仕事、経済事情、家族、親等々、考えることも増えてきました…

そんな時期の方には、色々な意味で考えさせられる小説です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piecethdog

Author:piecethdog
相棒は白のVFR800F
ツーリング以外に映画&グルメ記録も…
2018年1月にFC2に引っ越してきました!

★★★過去記事はコチラをクリック★★★
気分爽快!過去記事

instagram

Instagram instagram

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
404位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
190位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング





FC2 ブログランキング