FC2ブログ

記事一覧

映画『ロケットマン』〜決して二番煎じではないミュージカル!

8月25日(日)

この週末は基本お勉強とジム。
お勉強は仕方ないとして、次の金曜日(今日か!)に人間ドックがあるので、絶賛悪あがき継続中…
(*´・ω・。)σ

とりあえず、朝は駅前でモーニングスタディです。

ロケットマン190825 (6)

2時間ほどお勉強して、ジムで汗を流します。

その後はお題のこちらを鑑賞。
『ロケットマン』

ロケットマン190825 (1)

少年レジナルド・ドワイトは、両親が不仲で孤独だったが、音楽の才能に恵まれていた。エルトン・ジョン(タロン・エジャトン)という新たな名前で音楽活動を始めた彼は、バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)と運命的な出会いを果たし、二人で作った「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などヒットナンバーを次々と世に送り出して世界的な名声を得ることになる。

『ボヘミアン・ラプソディ』と比べられるのは仕方ないけど、この作品が損してる点が少なくとも2点はある。

①どうしても二番煎じだと思われてしまうこと
②エルトン・ジョンはまだ生きてること

『ボヘミアン・ラプソディ』が割とリアルだったのに比べると、こちらはミュージカル仕立てでもあり、フィクションな感じが強いです。

ロケットマン190825 (5)

リアルなミュージカル。
エルトンの心中をミュージカルで表現しているのは、なかなか面白い仕掛けだとは思いました。
その意味では、まったくの二番煎じと言うことではなく、工夫してはいるんです。

②のエルトンがまだ存命というのは、失礼な話にはなっちゃいますが、フレディが亡くなっていて伝説化していることからすると、かなり不利ですね。

ロケットマン190825 (4)

私的には、ライブシーンを始めとして、音楽そのものがメインではなかったところもちょっと残念。「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」ができるシーンはとっても良かったんだけどなぁ…

ロケットマン190825 (3)

作品として、決して悪くはないし退屈もしないんだけど、『ボヘミアン・ラプソディ』と比べるのは酷ってもんですねぇ
評価は★★★★☆

鑑賞後、奥さまと合流し、この日が投票日の埼玉県知事選参戦。
帰りは、ノンアルで一杯やりながら帰宅です。

ロケットマン190825 (2)

最近は、ノンアル歩き吞みが日課です…(笑)


※ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

piecethdog

Author:piecethdog
相棒は白のVFR800F
ツーリング以外に映画&グルメ記録も…
2018年1月にFC2に引っ越してきました!

★★★過去記事はコチラをクリック★★★
気分爽快!過去記事

instagram

Instagram instagram

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
96位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング


人気ブログランキング